インフルエンザといえばタミフル!こちらは有名ですね。しかし、今注目を集めているインフルエンザの治療薬、それはリレンザです!予防薬としても効果があるリレンザ!今年注目ですよ!

リレンザは細菌感染には効果がない

リレンザはインフルエンザに対して劇的な効果がある薬なのですが、意外なことに普通の風邪には効果がありません。
リレンザはインフルエンザのウイルスが増えるのを抑える薬なので、細菌感染が原因の病気には全く効果がないのです。
ただし、インフルエンザの予防効果はありますから細菌感染で弱っている時期にインフルエンザが流行をしているという時には、リレンザを予め予防投与しておくことによってインフルエンザに感染を防ぐことができるのでそのような点では意味があるといえますが基本的には効果がありません。

これは逆のことも言えるもので、少し前まではインフルエンザに感染をしていた時に抗生物質が処方されることも多かったのですがウイルスが原因のインフルエンザには抗生物質は効果がありません。
しかし、インフルエンザによって体が弱っているところに細菌が入り込んで二次感染をするのを防ぐために抗生物質が投与されていましたが、近年は予防効果に対して疑問符がつくようになりそれに加えて抗生物質の乱用による耐性菌の問題が発生してきたことから、あまり処方をされることもなくなってきました。

薬というのは症状や原因に合わせて適切な物を使用することが大事であり、全く別のものを使っていると効果がないばかりか逆効果になってしまうということもあるのです。
リレンザのような画期的な薬であってもすべての病気に効果があるというのではなく、インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きしかありませんからそれ以外の病気の際に使っても効果はありません。
症状だけではどのような病気にかかっているかというのはわからないものですから、適切な治療をするためには医療機関で検査を受けて原因をはっきりさせるのが大切です。

▲ 上へ戻る