インフルエンザといえばタミフル!こちらは有名ですね。しかし、今注目を集めているインフルエンザの治療薬、それはリレンザです!予防薬としても効果があるリレンザ!今年注目ですよ!

吸入薬であるリレンザの注意喚起とは

リレンザは吸入する薬です。タミフルと違い耐性ウイルスがまだ存在していないため、使用されることが多く、ウイルスが増殖することが多い、気道粘膜に直接働きかけることができます。そのため早期に増殖を抑えることができ、発熱などを軽減することができます。
リレンザの注意点としては、ウイルスが増殖しきってしまう、48時間以内に服用を開始することです。ウイルスの増殖を抑える薬であるので、ウイルスが増殖しきってしまうと、抑え込むことが難しく症状を軽減することはできません。必ず発症してから48時間以内に使用するようにしましょう。
薬を吸い込む場合は、強く吸い込んだり、息を長く止めてしまったりするとショック症状を起こすことがあります。椅子やソファーに深めに座り、リラックスしてから吸入することが大切です。
リレンザの注意喚起事項としては、気管支喘息がある人、慢性閉塞性肺疾患といった慢性の呼吸器疾患がある人にリレンザを使用すると、気管支けいれんを起こす可能性があります。気管支けいれんを起こさないためには、リレンザを使用する前に気管支薬を吸入することが大切となり、医療機関でもきちんと説明をするよう、注意喚起されています。
また、リレンザには乳タンパクなどの乳糖成分が含まれています。これらにアレルギー反応を示す場合は、アレルギー性のショック状態になることがあるので、使用は控えるようにします。
比較的副作用の少ない薬ですが、吐き気や食欲低下、頭痛、呼吸困難、血圧低下など起こす可能性もあります。使用していて何か違うと感じる場合は副作用が出ている可能性もあるので、医療機関に連絡し、リレンザの使用を続けてよいか確認すると安心です。

▲ 上へ戻る